かわいいと言われるLINEスタンプ制作のコツ

LINEスタンプ 制作の際に、女性をメインに販売した場合には
やはりスタンプの可愛さというのが重要になってきます。
しかし、いざデザインしてみると、なかなか可愛くならない…なんてことが多々あります。
そんな経験をしたことがある方もない方も、カンタンにできる
かわいいキャラクターデザインのコツをご紹介します。

・女性らしさを持ったデザインに

フリルやゴシックな雰囲気を持つものなど女性的な要素を持つものをデザインの一部として使うと良いでしょう。
あまりセクシーすぎても審査に引っかかってしまうことが考えられるので少女趣味的なもので女性らしさを出しましょう。
キャラクターにリボンなどの装飾的な要素も感じられても面白いかもしれません。

・ふわふわしすぎたデザインにならないように注意が必要

可愛らしいデザインでも大事なことは全体的にしまっていることです。
やんわりした雰囲気の物でもだらしないような印象をあたえるようなものでは
他の販売作品と比べられた時に不利になりやすいでしょう。
たとえば、可愛さを演出するために輪郭をぼかしすぎるのはNGです。
過度な表現にならないように仕上げる時は多少のインパクトを感じるくらいの
意識して制作すると良いでしょう。

またこうしたデザインが複雑になりがちなスタンプは透過作業の時に時間を普段よりもかけてしまいがちなので
後の作業のこと意識しつつ可愛いデザインを考えていきましょう。

標準

イケてるLINEスタンプ作成のコツとは?

LINEスタンプを作りたい!と思っている人は、せっかく作るのであれば
かっこいいデザインのスタンプを作りたいと思っているのではないでしょうか?
しかし、実際にそう考えている人が多いにも関わらず、多くのスタンプはかっこよさを感じられず
どこか野暮ったい印象のものが多い傾向があります。
では、どんな意識をもてばかっこいいスタンプが作れるのか。ご紹介します。

・フォルムにはじまり、フォルムに終わる

まずデザイン的に形がお洒落であったり、かっこいいスタンプは、
色を無くして黒色に塗りつぶした状態でも魅力が損なわれないパターンが多いです。
これは形の時点でしっかりバランスが取れてることが魅力に繋がっているんです、ですからまずは色を考えずに
形をしっかりデザインする所から始めると格好いいものが出来上がります。
・メリハリをつけることでしまった印象に

所謂メリハリの部分。こういった太い部分、細い部分の差を感じる所も格好よさを演出する大事なポイントです。
スマートフォンで見ることを考えると細かすぎていると見えづらくなってしまうので完成形を見た時相手がどう思うかということを
考えてみましょう。

また模様やロゴに拘る人は割とよく見かけますがかっこ良すぎてもそのLINEスタンプの使いどころがわからなくなったり
細かすぎて全体のデザイン的にまとまらなかったりといったことも有りますので人に受け入れられるようなLINEスタンプを目指すなら
適度に好みを抑えることも大切です。

標準

LINEスタンプを購入する時のコツとは?

みなさんはLINEスタンプを購入する時、どんな意図で購入しているでしょうか?
絵が好きだから、気になるあの子が使っていたから、使いやすいから、みんな持ってるから
などなど色々な理由から購入することがあると思いますが
実はLINEスタンプを購入するときに、あることを意識してみると
使う幅がぐっと広がるのです。

・組み合わせを考えて購入しよう

他のスタンプ同士を組み合わせることで会話を繋がっているようにさせたり
文字いらずの会話ができたり相手を楽しませることが出来るので初対面の人の興味を惹くために試してみても良いでしょう。・
加えて様々なスタンプを使っていることにより、LINEに慣れている人なんだな、という印象が出来るので頼れる人としても見られるかもしれません。
ただし、怒っている時など反感を貰いやすい時に実行すると悪ノリしてると思われてしまうかもしれないので
要注意です。

・受け答えを網羅できるスタンプを持っておく

LINEスタンプを組み合わせると楽しいだけじゃなく受け答えのバリエーションが増えるのも見逃せません。
一つのスタンプじゃカドが立ちそうかな?という受け答えも別の柔らかい雰囲気にするスタンプを使えば
そんな心配は無し。
LINEスタンプは元々会話の雰囲気を穏やかにできる効果があるので受け答えのバリエーションが増えれば
当然適切な反応で返せます。それは物腰の柔らかさをアピールできることに繋がり今後の付き合いでのあなたの魅力となりうるでしょう。

標準

LINEスタンプだけで終わりじゃない?LINEスタンプ横展開手法を公開

LINEスタンプは作成の際の構想に時間をかけ、
実際のクリエティブ作成に時間をかけ、
審査にも時間がかかり。と非常に多くの手間がかかって出来ています。
売れるにしろ、売れないにしろ、そんな手間のかかったデザインをスタンプ以外に使わないのは
勿体ないと思わないでしょうか?
せっかく作ったなら色々と活用した方がチャンスも広がるので
是非、この記事を参考に横展開を考えてみてはいかがでしょうか?

・オリジナルTシャツ

オリジナルTシャツは着ているだけで目立つ、恰好のマーケティング商品です。
しかも、ネットで作る際にはデザインをのせるだけ。
自分で楽しむだけでなく、作ったキャラクターを宣伝する意味でも
オリジナルTシャツ作成はおすすめです。会話の話題になることも間違いなしです。

・缶バッジ

これも安価で作りやすいもの。仕上りも材質の関係上綺麗ですし複数種類作ればコレクション性をくすぐることでしょう。
ラインスタンプの魅力をそのまま伝える可愛らしいグッズとして女性を始めとして愛されています。

他にもありますがこの二つは作りやすい部類なので、是非自作キャラがLINEスタンプで人気が付き更なるキャラクター展開する際は
こうしたグッズで宣伝しつつ全体的な認知度も上げていくとファンも増えやすくなるでしょう。

標準

売れやすいLINEスタンプの特徴とは

最近人気のLINEスタンプビジネス。色々な人が参入してきており
最近は非常に好況ですが、儲かる人がいる一方でなかなか儲からない人がいるのも事実です。
せっかく作るなら、しっかり儲かりたい!そんな方を対象に、売れるLINEスタンプの特徴をまとめました。
これから作るかたは是非、参考にしてみてくださいね。

・有名人を使ったスタンプ

この手のLINEスタンプはそもそもその元にされている個人の知名度が高いというのが前提です。
しかしこうした厳しい条件をクリアすると多数の固定ファンがついてくるのが最大の特徴。

本人が若かったり、元気だったりする分には人気は上がりやすいのですが
何か本人に不都合が起きたりするとスタンプの方にも影響が出てきやすいです。

また知名度がある分肖像権などが絡みやすいのでほぼ事務所や公式的なものの場合が多いです。
・動物をモチーフにしたキャラを使用

これも親しみやすいテーマの一つ。猫や犬といった日常的な動物的な要素は
心を和ますとして愛されやすいんです。

特に年齢や性別を選ばないで送れる点も大きく話題のきっかけになりやすいことから
ある種万能的な側面を持つテーマだといえます。

日常生活のみならず動物はLINEスタンプにおいても抜群の存在感を誇っているんです。

標準